XNA メモ – 現在の解像度を獲得する方法

Posted: 2012年3月12日 カテゴリー: プログラミングメモ, XNA, XNAメモ
タグ:, , ,

またまた短めのメモです。今回は、現在の画面の解像度を獲得する方法をメモります。

 

解像度を獲得する時にgraphics.PreferredBackBufferWidthのアクセサを使用して獲得する事も出来ますが、この場合フルスクリーンは考慮されず、フルスクリーンに切り替えた時に色々とずれる可能性があります。

なので、今回はGraphicsDevice.PresentationParameters.BackBufferWidthのアクセサを使用します。これを使うことにより、呼び出した時点での解像度を獲得でき、それを元に画像を配置出来ます。

 

ちなみに、使用するとこんな感じのコードになります。

// 設定されている解像度を獲得する
//screenWidth = graphics.PreferredBackBufferWidth;
//screenHeight = graphics.PreferredBackBufferHeight;

// 現在の解像度を獲得する
screenWidth = GraphicsDevice.PresentationParameters.BackBufferWidth;
screenHeight = GraphicsDevice.PresentationParameters.BackBufferHeight;

 

以上です・・・短っ!!orz

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中