XNAメモ – 簡単に効果音を再生する方法

Posted: 2012年1月11日 カテゴリー: プログラミングメモ, XNA, XNAメモ
タグ:, , , ,

今回はXACTを使用せず、簡単に効果音を再生する方法を紹介します。

効果音はSoundEffectクラスに読み込み、保存します。読み込みにはコンテントマネージャーを使用しますので、まずはプロジェクトに再生する効果音を足してください(ちなみに、私は効果音には waveファイルを使用しています)。

その後、効果音を読み込みます:

SoundEffect se;
se = Content.Load(“explosion”);

次に効果音の再生です:

se.Play();

これで、再生できます。なお、音量、ピッチ、パンを調整することも出来ます。

se.Play( volume, pitch, pan );

Play()メソッドはbool型を返します。trueの場合はファイルが再生され、falseの場合は再生の失敗を表します。この場合、基本的には再生しているファイル数が多すぎるのが原因です。

今回はココまでです。

 

参考リンク:

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/microsoft.xna.framework.audio.soundeffect%28v=xnagamestudio.40%29.aspx

コメント
  1. […] XNAメモ – 簡単に効果音を再生する方法 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中